先輩からのメッセージ

エレクトロニクス用機能めっき加工のトータルプロデュース|大和電機工業株式会社

img_2015-16_yamato-elec[1].jpg

大好きな長野で信頼される仕事をしたい

エレクトロニクス用機能めっき加工のトータルプロデュース

大和電機工業株式会社 要素技術部 山田 瑞紀 Yamada Mizuki

1989年生まれ、滋賀県出身。信州大学工学部卒。山梨大学大学院医学工学総合教育部修了後の2015年に大和電機工業株式会社入社。要素技術部でめっきの新技術の開発・研究に携わっている。

なぜ長野県で就職を。

 私は滋賀県出身ですが、大学時代を長野県で過ごし、とても好きになりました。特に、まじめで誠実な人が多い、という県民性に引かれて、一緒に働くのなら長野県の人がいいなと思い、就職活動はほぼ県内に絞りました。幼少期からさまざまな土地で暮らしましたが、私にとっては長野県が一番自分らしく暮らせると思える場所です。


仕事内容について教えてください。

 当社はめっきや金属加工の分野で高い技術を持ち、多様な素材、形状に対応しためっき加工や、工作機械の設計・製造などを行っています。特に、カメラやスマートフォンなどの精密機器を支える電子基板への金めっき加工を中心に事業展開しています。私は要素技術部に所属し、めっきの新技術の開発や課題解決のための研究を行っています。例えば、アルミにめっき加工をする際、アルミの表面を腐食してしまうという問題がありますが、腐食のより少ないめっきができる方法を探る研究を進めています。ゆくゆくは当社の財産となる可能性のある仕事ですから、とてもやりがいを感じますね。


就職活をはどのように行いましたか。

 長野県の企業を軸に、まずは興味のあるさまざまな分野の企業にエントリーしました。学生時代はサファイアをつくる実験など、結晶の研究をしていたので、これまで学んだ化学の知識が生かせそうな企業をいくつか見学し、めっき加工を扱う企業も3社ほど訪ねました。その中でも、当社の工場の清潔感と、素材や製品、生産設備等を大切に扱っている様子はとても印象的でした。会社説明会では、社員一人一人の業務改善のための活動に対して評価があること、仕事の自己評価に対して上司から評価のフィードバックが受けられる制度があることを知りました。当社でなら常に向上心を持ちながら働けそうだと思いました。


今後の目標を教えてください。

 信頼される社員になることです。「この人なら仕事を任せられる」「この人が集めたデータなら大丈夫」と社内外の人に言ってもらえるような仕事をしていきたいですね。そのためには、しっかりした仕事をし続ける必要がありますから、一つ一つの仕事に丁寧に向き合っていきたいと思います。


PRIVATE STYLE

入社直後は

解析の部署に所属していました。電子顕微鏡を使って製品にごみや不具合がないかどうか確かめたり、めっきの厚さを測る業務を担当していました。

同期とマラソン

当社は女子ソフトボール部の活動が盛んです。同期にも5人の部員がいて、彼女たちと一緒に諏訪湖マラソンに出場。見事完走しました!

休日の過ごし方

地域でボードゲームの集まりに参加することがあります。小学生から60代の方まで、幅広い年齢層の人との交流を楽しんでいます。

長野県就活ナビ2017に登録しよう!

ご登録はこちらから