先輩からのメッセージ

時代の変化に対応する他業種一体型企業|株式会社本久

img_2015-16_motoq[1].jpg

積極的に営業に出て提案の幅を広げていきたい

時代の変化に対応する他業種一体型企業

株式会社本久 土木部 建築基礎グループ 栗田 潤 Kurita Jun

1989年、長野市生まれ。国士舘大学政経学部卒業。2013年株式会社本久入社。土木部建築基礎グループにて建築工事のくい打ちや地盤改良工事の提案営業を行う。

仕事内容を教えてください。

 当社は、建設資材の販売、土木・建設工事の設計・施工、道路舗装材料の製造・販売・加工、建築資材等の販売、レジャー事業を行っています。私は土木部の建築基礎グループに所属し、主に東北信地区の設計事務所やゼネコンに伺い、建築物をしっかり支えるためのくい打ちや地盤改良工事の工法や資材などを提案する営業を行っています。新規の取引先の開拓はもちろん、先輩が関係を築いた取引先を引き継ぎ、訪問することもあります。今後の目標は、取引先に向けて提案できる商品の数を増やすことです。先輩方は広く、深く、商品の提案ができるので、私も扱っている商品について、実際に現場に出て、学びながら、多くの知識を得ていきたいです。さらに現在は、新卒採用のお手伝いをしているので、学生と関わる機会も多いんですよ。


この会社を選んだ理由は。

 当社で営業として働いている幼なじみからの勧めで選びました。私は、地元企業に就職して親孝行をしたいという気持ちから、長野県内の企業に絞って就職活動を行っていました。業界は絞らずに漠然と営業職で探していたのですが、「うちは社内の雰囲気がいいぞ」と幼なじみが勧めてくれたのが当社でした。 ひとつの企業で長く働くことを考えた時に、社内の雰囲気や人間関係の良さは重要視したいポイントです。実際に入社してから、仕事を離れても、同期や先輩と遊びに行くことがあるなど、人間関係の良さを実感できました。営業という職種ですので、県内各地を巡りたくさんの方とお話する機会が多いです。長野県の人の温かさや人柄の良さなど高校生のころとは違った魅力もみつけることができましたね。


入社当時のエピソード。

 当社では、新入社員を1年間かけて先輩社員が指導する制度をとっています。初めのうちは、大学で学んできた分野と全く異なる業界だったため不安がありました。しかし、指導を受けた先輩から「誰でも最初は素人だから、分からないことがあったらどんどん聞いてくれ」と言ってもらったことがきっかけで、不安が払拭されました。何でも相談することができたのはとてもありがたかったですね。その先輩は部署内異動で勤務地は違いますが、今でも仲良くしています。


PRIVATE STYLE

地元で働くことの魅力

自分の仕事が地域に貢献できていることが目に見えて分かることです。利用しているスーパーの建築工事に当社が関わったことを知り、うれしくなりました。

就活生へのアドバイス

就職活動を行う上で一番大切なのは、自分を知ること。企業の情報収集も大切ですが、自己分析をしっかりと行って、面接に臨んでください!

休日の過ごし方

最近は食べ歩きにはまっています。特にラーメンが好きで、長野県内のラーメン店の情報を入手しては友達や同期と食べに行っています。

長野県就活ナビ2017に登録しよう!

ご登録はこちらから